2012年 04月 20日
厳冬期の道東-14/オジロワシ幼鳥編
今日はオジロ幼鳥編です。船からの観察時は成鳥より幼鳥の方が多く目立っていたので羽衣のバリエーションも多彩で楽しめました。成鳥羽になるまでに6年かかるそうです。年齢は嘴の黒い部分が多いほど幼い個体のようで、また尾羽にも黒い部分が多く混じり、風切りやお腹には逆に白い部分が目立っています。虹彩は成鳥は淡い黄色、幼い個体ほど暗色でした。。。

f0178716_18545767.jpg

野付半島の道路脇にいた若鳥というか亜成鳥!たぶん5年生だと思います。、、、背景は流氷と国後島です。EF300F2.8+2.0+MK4

f0178716_1905313.jpg

典型的な幼鳥?! EF300F2.8+MK4

f0178716_191243.jpg

この子はお腹が白っぽい個体!もっと暗色な幼鳥も居ました。 EF300F2.8+MK4

f0178716_1914943.jpg

夕刻の絵!普段は魚を食べますが海鳥をおそう事もあるそうです。カワアイサ! EF300F2.8+MK4

f0178716_1924529.jpg

、、、海がシャーベット状でとても綺麗でした。 EF300F2.8+MK4

f0178716_19367.jpg

上が幼鳥!下は亜成鳥。 EF300F2.8+MK4

f0178716_194687.jpg

背景は知床連山だと思います。 EF300F2.8+MK4
2012年02月25日+26日撮影 野付半島+羅臼町
[PR]

by orixa3 | 2012-04-20 18:10 | オジロワシ


<< 厳冬期の道東-15/ホオジロガモ      厳冬期の道東-13/エゾコゲラ >>