カテゴリ:キバシリ( 2 )

2009年 05月 25日
高原の立役者-02/キバシリ
5月の高原は、遅い春を迎えて木々の新芽が色とりどりに淡く芽吹いている、そんな美しい姿をみせてくれました。背景にある黒く険しい山肌には谷筋の雪が白く筋を描いて、冬の面影を未だ色濃く残しています。
この遠征の目的の一つにキバシリとの出会いがありました。写真で記録しようとする者にとって難物の代表格に上げられる鳥さんです。いつも「キバシリを撮りたい!」と言う思いを胸の何処かに秘めつつ、ゆっくりと散策する中、1羽で行動する愛想の良い個体に巡り会う事ができました!
、、、会う事はできたのですが、さすがに動きが早くデジスコでの撮影はまさに至難の業!ピンボケ大量産の中から選びに選んでもこの程度の観察記録となってしまいました、、、。再挑戦を期して、また、遠征の機会をつくりたいと思います。

f0178716_23282243.jpg

前日の観察をもとに撮影場所を決めて待機しました。、、、新緑を背景にして姿をみせてくれました! TSN774+IXY1000

f0178716_2224678.jpg

地味ですが大変美しい羽色は、桜の幹の紫色に似ています。 TSN774+IXY1000

f0178716_2225421.jpg

木肌の奥にいる小さな幼虫を探しているようでした。 TSN774+IXY1000

f0178716_2224354.jpg

見つけた虫をくわえ、それでも止まらずにそのまま日陰側に素早く動いて行きます、、、。 TSN774+IXY1000

f0178716_2226252.jpg

観察している最中、突然動きを止めたと思ったら、、、!? TSN774+IXY1000

f0178716_22252713.jpg

なんと、、、羽繕いを披露してくれました。 TSN774+IXY1000
2009年05月20日撮影 長野市の森林植物園

まあ、とにかく良く動いてくれます。一瞬たりともとどまる事がなく、取り付いた木の下から上へチェックを入れては次の木へ飛び移って行きます。そんなキバシリの砂浴び?ではないかと思われる行動と羽繕いを観察出来た事は、今回の遠征での大きな収穫の一つになりました。
[PR]

by orixa3 | 2009-05-25 22:49 | キバシリ
2008年 06月 16日
キバシリ
f0178716_2382122.jpg


f0178716_2384826.jpg


f0178716_239844.jpg

2008年06月16日撮影 長野市の森林植物園
[PR]

by orixa3 | 2008-06-16 23:06 | キバシリ