カテゴリ:チュウジシギ( 4 )

2010年 10月 15日
チュウジシギ-03/100913日撮影
この日が秋の渡りのジシギ観察最終日になりました。9月の中旬に2日間連続で出掛けました。この日のコンセプトは「浅く広く!」。いつものエリアばかりでなく他の2カ所も候補に挙げて探索し、タシギの入り具合などにも注意する観察になりました。いつものエリアで3羽、他所で1羽、合計4羽のチュウジシギを見つける事が出来ました。
今期の目標「タシギとの違いを理解する」はなんとかクリア出来たかも知れません。また、「顔つきの違い」や「体型や大きさの違い」が少し分かり始めたように思います。それにしても同種内のバリエーションの多さは想像以上でした。、、、その分すっかりハマりました。実に興味のつきないジシギ観察でした。感謝!

f0178716_2244223.jpg

個体A。見つけたときはこんな姿でした。逆光だとスゴく黒く見えますね!?  EF300F2.8+2.0+50D

f0178716_2254278.jpg

個体A。下の肩羽がまだ一部幼羽のようです。EF300F2.8+2.0+50D

f0178716_226843.jpg

個体A。この時期こんな個体が関東で見る標準的なチュウジの姿ではないかと想像しました。 EF300F2.8+2.0+50D

f0178716_2265234.jpg

個体A。陰に入って羽繕いを始めました。随分黒く見えます。 EF300F2.8+2.0+50D

f0178716_2271647.jpg

個体A。タシギは次列風切先端が白いそうです。また翼の下面がこんなに暗色ではありません。 EF300F2.8+2.0+50D

f0178716_2295150.jpg

個体B。別個体です。嘴ナゲ〜!?ん、一見長く見えるだけ???チュウジはオオジより嘴が短い個体が多いそうです。 EF300F2.8+2.0+50D

f0178716_232974.jpg

個体B。この子は9/9日観察の個体Dと同じ個体かも知れません。 EF300F2.8+2.0+50D

f0178716_2323424.jpg

個体B。羽色にオレンジ色味が入っています。沖縄などではもっと派手なチュウジが普通なようです。 EF300F2.8+2.0+50D

f0178716_233657.jpg

個体C。別個体です。こちらは全く新しいエリアで見つけた子です。暗色味がかなり強い個体です。 EF300F2.8+2.0+50D

f0178716_2334444.jpg

個体C。↑と同じ個体です。撮影時間は違いますが、まわりの草などを見比べて同じ個体と判断しました。 EF300F2.8+2.0+50D
2010年09月13日撮影 神奈川県の田圃

この日までに観察したタシギの画像を後日後学のためアップするつもりです。、、、来期の目標は「オオジシギの幼鳥と成鳥」をじっくり見る事にしたいです。出来れば7月の下旬から。。。また、チャンスがあれば同じ日同じ場所で大・中を見比べてみたいものです。
[PR]

by orixa3 | 2010-10-15 01:25 | チュウジシギ
2010年 10月 09日
チュウジシギ-02/100912日撮影
先月中旬のチュウジシギです。この日は計4個体見つけましたが撮影させてくれたのは2個体のみでした。暑い盛りですから観察にはかなりの根性が必要です。先ずは田圃の畦道を一つ一つシラミつぶしに見て行きます。願わくば順光側に居てほしいですが逆光だからって贅沢は言ってられません。割に近くで見つけられれば近づいてくれるのをジッと待ちます。平均で2or3時間。この間によ〜く観察して種の見当を付けながら尾羽を見せてくれる瞬間を待つ訳です。、、、まあ、根比べですね!?、、、愉しいけれど、アハハ、辛いです。

f0178716_005100.jpg

個体A。朝一に見つけた個体。成鳥のようです。逆光でしたがまあまあの距離なので観察開始! EF300F2.8+2.0+50D

f0178716_011316.jpg

個体A。田圃の中に隠れてしまってもしばらくするとまた畦に出て来ます。 EF300F2.8+2.0+50D

f0178716_021785.jpg

個体A。少しずつ近づいて来てくれました。この角度だと随分体が長く見えますネ? EF300F2.8+2.0+50D

f0178716_024520.jpg

個体A。羽伸ばしは向こう側のみでした。ここまでで4時間経過。、、、疲れたので休憩にしました。 EF300F2.8+2.0+50D

f0178716_031582.jpg

個体A。夕方もう一度見た時には道路から近過ぎて固まってしまいました。距離4m! EF300F2.8+2.0+50D

f0178716_035840.jpg

個体A。暫くするとササっと田圃に逃げ込みそのまま出てきませんでした。 EF300F2.8+2.0+50D

f0178716_05750.jpg

個体B。こちらは休憩後に見つけた順光側に居た別個体。やっぱり見易いです。 EF300F2.8+2.0+50D

f0178716_054528.jpg

個体B。この子は3日前に見た愛想の良い子(9/9日撮影の個体Bと同じ個体)でした。 EF300F2.8+2.0+50D

f0178716_061523.jpg

個体B。この日もどんどん近づいてくれました。 EF300F2.8+2.0+50D

f0178716_07923.jpg

個体B。最後は画角に入らない程近づいたのでお尻をメインに、、、。 EF300F2.8+2.0+50D

f0178716_08072.jpg

個体B。どこまでが尾筒の羽なのか良く判りませんが、チュウジってこんな風にも見えるんですねぇ、、、。 EF300F2.8+2.0+50D
2010年09月12日撮影 神奈川県の田圃
[PR]

by orixa3 | 2010-10-09 23:17 | チュウジシギ
2010年 10月 01日
チュウジシギ-01/100909日撮影
今年こそはジシギの観察と識別を勉強しようと8月中旬から都合5回真夏の田圃に出掛けました。そのうち1回はまったくの空振り、9月に入ってからの3回はなんとか出会いがあり、主にチュウジシギをジックリ観察する事が出来ました。、、、イヤァ〜!まいりました。予想はしてましたが識別なんてそう簡単に出来るもんじゃありませんネ。想像以上の難易度でした。だってチュウジだろうと思って見ていてもかなりのバリエーションがあるし、同じ個体であっても光の具合で全然違って見えるんです。、、、まあ、「はじめの一歩!」ですからそういう事が分かっただけでも良かったと思っています。来年は8月のオオジシギから頑張ります、、、あんまり暑くなければ、、、。お付き合い頂いた友人にこの場を借りてあらためて、感謝!

f0178716_22371614.jpg

この日見たチュウジシギ5個体のうちの2個体。右が個体Cで左が個体B。以下個体Bを中心に掲載します。 EF300F2.8+2.0+50D

f0178716_22381124.jpg

個体B:チュウジシギ。ひとつ↑の写真でも分かるように、一見して白く見えたのでオオジ君かもしれないけどなあと思いつつ見始めました。 EF300F2.8+50D

f0178716_22384547.jpg

個体B。幼羽から第1回冬羽に換羽中!白く細い枠線があるのが幼羽でしょうか!? EF300F2.8+50D

f0178716_22393555.jpg

個体B。こちら側の上の肩羽はほとんど換羽済み。 EF300F2.8+2.0+50D

f0178716_22401578.jpg

個体B。体型は識別の重要な要素だそうです。他にも顔つき、頭の大きさや形、3列風切や大雨覆のパターン、尾羽の突出具合、嘴の長さなどを総合的に見て判断して行くようです。ウ〜ム、、、どっちだ???でもやっぱチュウジだよな? EF300F2.8+50D

f0178716_22404843.jpg

個体B。一番参考になるのが尾羽のパターンと枚数だそうですが、なかなか見せてはくれません。 EF300F2.8+2.0+50D

f0178716_22411878.jpg

個体B。この時点ではもしかしてオオジかも?と思いましたが、、、 EF300F2.8+2.0+50D

f0178716_22423514.jpg

個体B。↓↓↓しっかり拡げた尾羽パターンはいかにもチュウジシギでした↓↓↓。 EF300F2.8+50D 

f0178716_22432719.jpg

個体B。私が撮り損ねた尾羽パターンです。片側10枚のようです。 撮影者:Kinoshita氏。
2010年09月09日撮影 神奈川県の田園

More:個体B以外のチュウジはこちら
[PR]

by orixa3 | 2010-10-01 23:41 | チュウジシギ
2009年 11月 04日
幻のチュウジシギ
ナ〜〜ンとも情けない画像ではありますが今日は幻のチュウジシギです。まだまだかなり暑い日射しの中、なんとかチュウジシギを見たいものだと探していました。前日に見られたという情報を頼りに小さな田圃に出掛けました。タシギは25羽位集まっていましたがチュウジ君は畦にいるはずと探してみると、ちょうど探していた田圃の反対側の畦にそれらしき影が見えました。
その細い畦には既に観察者が一人おられました。そっと近付いて伺ったところチュウジとのこと。その方はかなり良く見ておられる方のようで迷う事無く「チュウジです!」と教えて下さいました。おまけに場所まで譲って下さいました。朝7時から見始め午後2時になってやっと近付いて来てくれたとか、、、。ところが私が見始めた途端、、、田圃の奥へお隠れあそばしました。しばらく根比べをしてみましたが時間切れ、結局こんな画像のみになってしまいました、、、。ウーム、来年こそ頑張るゾ〜!

f0178716_22241884.jpg

確かにチュウジの顔ですね?! TSN774+IXY1000

f0178716_22245355.jpg

次列風切先端に白線はありません。 TSN774+IXY1000
2009年09月16日撮影 神奈川県の田園

f0178716_22261488.jpg

こちらは同行してくれた友人が前日に撮影したものです。↑と同じ個体かもしれません。尾羽がチュウジだと言ってますネェ。こんな写真を来年こそお見せしたいものです。、、、ウ〜ム、まったくもって裏山歯科!
2009年09月15日 撮影者:Kinoshita氏
[PR]

by orixa3 | 2009-11-04 22:14 | チュウジシギ