カテゴリ:ノゴマ( 4 )

2015年 06月 13日
2015春の島嶼/ノゴマの囀り
今日は早朝外周道路を巡回中に囀るこの子をなんとか見付けたお話!声で近くに居る事は分かったが、どこに居るのか分からない!?見通しのきかないブッシュの多い場所ではあったけどジッと待って見ていたら、、、横に飛ぶ姿を発見!葉陰からだけれど運良く杭にのって囀るのが見えました。、、、出会いに感謝!
2015年05月26+28日撮影 石川県の島嶼

f0178716_22342586.jpg

・・・この子は片足でさえずっていた!しかし、どうやるとこんな風に脚が隠れるんだろう???不思議だ〜! EF400F5.6+MK4

f0178716_22345635.jpg

そして・・・向きを変えても片足! EF400F5.6+MK4

f0178716_22351420.jpg

そして、そして・・・当たり前なんだろーけど両足でピョコッ! EF400F5.6+MK4

f0178716_2236312.jpg

ピョコッ!・・・なんだかとても可笑しく思えました! EF400F5.6+MK4

f0178716_22361894.jpg

、、、コチラは別の日に水場で見かけたジミーな♀?喉に橙色味のある♀もいるそうな! EF400F5.6+MK4
[PR]

by orixa3 | 2015-06-13 18:05 | ノゴマ
2012年 09月 29日
初夏の北海道-11/繁殖地のノゴマ
渡り途中のノゴマではなく「繁殖地のノゴマ」は初めてなので何かと興味深い観察が出来ました。何カ所かお訪ねした原生花園の何処でもよく見掛けました。まぁ喉の赤さで遠くからでも目立つせいかも知れませんが生息密度は一番高いように感じました。今日は多くの出会いの中でわたし的に印象的だった数カットを掲載します。。。
2012年06月28日撮影 紋別市の原生花園

f0178716_0572339.jpg

先ずは瞬膜芸から、、、私のお気に入り! EF300F2.8+1.4+MK4

f0178716_0575865.jpg

カイカイは間接掻きだった。 EF300F2.8+1.4+MK4

f0178716_0581672.jpg

真っ黒な口の中! EF300F2.8+1.4+MK4

f0178716_0585595.jpg

・・・ EF300F2.8+1.4+MK4

f0178716_059958.jpg

こちらが♀、、、もちろん♀も一生懸命でした! EF300F2.8+1.4+MK4
[PR]

by orixa3 | 2012-09-29 18:10 | ノゴマ
2009年 05月 31日
離島の渡り鳥-13/ノゴマの囀り
今年は連休の前半から7日間、この離島に滞在しました。その間ずっと其処ここで、ノゴマの囀りを楽しむ事ができました。特に夜明けからの3時間ぐらいの間には、いたる所で♂同士のバトルを目撃しました。たいがい何処か姿が見える場所にいて、時々移動しながら気持ち良さそうに歌ってくれていました。
数も大変多く見られ、ノゴマだらけといっても過言ではないと思われました。↓に登場する個体も全部別個体かもしれません。

f0178716_0415151.jpg

でも、あまり近くでは歌ってくれません!この後、バトルが始まりました。 EF300F4+1.4+40D

f0178716_0423832.jpg

トオォォォクの正面顔! EF300F4+1.4+40D
2009年05月04日撮影

f0178716_0431121.jpg

こちらは近過ぎ、フレームに入りません! EF300F4+1.4+40D
2009年04月28日撮影

f0178716_0434270.jpg

少し時間が経ってお腹がすいたのか?、、、おねだり囀りかナ? EF300F4+1.4+40D

f0178716_044649.jpg

↑と同じ個体?かもです。、、、私は貧乏で持ちあわせが有りません!ってぇのに、、、! EF300F4+1.4+40D
2009年04月30日撮影 石川県の島嶼部
[PR]

by orixa3 | 2009-05-31 01:03 | ノゴマ
2008年 10月 10日
ノゴマ
久々の鳥見はミニ遠征になりました。毎年この時期、渡りの途中で立ち寄ってくれるという、憧れのノゴマに会えるかもしれない!?と出掛けてきました。
朝7時に現地に着き、最近の様子を伺うと、1週間ほど前から2、3羽が入れ替わり出てくれていたというお話でした。でも、昨日まで居た個体は全て抜けてしまったようだと聞き、いやな予感が的中したかと不安のどん底へ、、、ドド〜ン。
しかし、かろうじてこの日に入ったばかりらしい♂1羽の気配があるとのこと。希望が無い訳ではない。でも朝のうちは警戒心が強く、薮の奥でほんの少し気配がするのみ。「この場所に慣れるまで時間が掛かりそうだから、今日は出て来ないかもしれないナァ〜?」と9時頃には地元の方が何人かポツリ、ポツリと帰り始めました。(エエ〜!、帰っちゃうの〜?)、、、でも、遠来の私達にはジっと待ってみるしか方法がありません。

そんな中、幸いにも新入りのこの子は、少しずつ私達の気配に慣れてくれたようで、10時すぎぐらいから、その印象的な姿を時々みせてくれるようになりました。ヤッタ〜〜!。嬉しい初めての出会いとなりました。

f0178716_18452557.jpg

朝のうちは薮の奥にいてなかなか姿を見せません。アップにしてみると、胸にシマゴマに似た鱗斑が見えますネ。 TSN774+IXY1000

f0178716_18454925.jpg

あたりの気配を窺いつつ、奥から少しだけ近付いてきました。 TSN774+IXY1000

f0178716_18462625.jpg

やはり警戒心は強い様子。喉元の鮮やかなオレンジ色が美しい!  TSN774+IXY1000

f0178716_1846547.jpg

ウ〜ム!ほんとに大丈夫か〜? TSN774+IXY1000

f0178716_18474760.jpg

これも威嚇のポーズ?かな。 EF300F4+1.4+40D

f0178716_184817100.jpg

餌はどこじゃ〜! EF300F4+1.4+40D

f0178716_18485998.jpg

これはたぶん、ひと休みのポーズ!? TSN774+IXY1000
2008年10月10日撮影 川島町の河川敷

毎年、このポイントを大切にされて来た地元の方々の努力が無ければ、おそらく出会う事は叶わなかったこの日の鳥見でした。
地元の方々の日々の観察があってこその鳥見。この場を借りて、感謝いたします。
[PR]

by orixa3 | 2008-10-10 18:40 | ノゴマ