カテゴリ:ホウロクシギ( 1 )

2009年 03月 27日
ホウロクシギ
去年見ることができなかったホウロクシギにやっと出会いました。日本で見られるシギ類の中では一番大きいそうですね。想像通り、威風堂々、、、ながく大きな嘴を器用に使いながら干潟を闊歩する姿は王者の貫禄すらあるように感じました。雌雄同色だそうで、雌のほうが大きいと図鑑に書かれていました。この日は入ってまだ間もないようで、4羽が割に敏感に反応して飛び廻ってくれました。
もっと遠くから見なくチャだったかナ〜、、、? 初見!

f0178716_2317147.jpg

ちょっと近付いたタイミングで、飛び出し! EF300F4+1.4+40D

f0178716_23191334.jpg

その後はゆったりと飛んでくれました。 EF300F4+1.4+40D

f0178716_23193894.jpg

ハマシギと仲が良いようです。 TSN774+IXY1000

f0178716_232039.jpg

それにしても長い嘴は食性からくるんでしょうね? TSN774+IXY1000

f0178716_23203354.jpg

何かを口に放り込むところです。 TSN774+IXY1000

f0178716_23211456.jpg

目を閉じて、随分深くまで餌探し! TSN774+IXY1000

f0178716_2320158.jpg

ンッ、、、? マテ貝じゃないよね!? TSN774+IXY1000
2009年03月27日撮影 船橋市の海浜公園

良く似ているダイシャクシギも入って来ていましたが、私はただひたすらホウロクのみを観察していました。なぜだろう???
[PR]

by orixa3 | 2009-03-27 22:43 | ホウロクシギ